・概日時計老化の分子機序の解明

・概日時計制御によるアンチエイジング

・NAD+/NAMPTによる老化進行の分子機序の解明

・匂いを介したヒトとヒトのコミュニケーション(特に性行動に興味あり)

父親、母親と子供との関係性、および男女における関係性に見られる脳とホルモンの特徴を調べ、嗅覚に関連した生物学的基盤を明らかにしたいと考え、父性、母性行動、愛着行動、性行動の神経・内分泌メカニズムを明らかにすることを目指した研究に取り組んでいます。

・運動による男性ホルモンリズムの調節

加齢に伴う男性ホルモンリズムの低下の予防に向けて、運動による予防効果を検証しています。また、運動の効果を高める上で“いつ”行うと効果的かといったタイミングの検証や睡眠時間などの生活リズムと運動効果の関係を調べています。

・運動による概日時計の調節

培養骨格筋細胞を用いて、筋収縮が概日時計に及ぼす影響について検討し、運動による概日時計制御の分子機序の解明を目指しています。

・アミノ酸による生理機能調節と概日時計の関係に関する研究